凡人でもTwitterでフォロワー数を増やす方法

この記事では、「凡人でもフォロワーを増やしたい」と思ってる人向けに Twitterでフォロワー数を増やすのに効果的な方法をまとめています。

この記事では、

「凡人でもフォロワーを増やしたい」と思ってる人向けに

Twitterでフォロワー数を増やすのに効果的な方法をまとめています。

  • 特別な能力があるわけではない
  • 面白いツイートができるわけでもない
  • 特にすごい人とコネクションがあるわけでもない

といった「自分ってほんと凡人だなー」という人向けの記事です。

かくいう、自分もこれといった取り柄がない凡人です。

あくまでも効果的な方法なので、

「フォロワーが必ず増える!」

といった内容ではございませんので悪しからず。

去年の10月に技術系のことをメインに呟くTwitterアカウントを作成してから

4ヶ月経過時点でフォロワーが数1,500人を超えました。

いろいろ試行錯誤しながらやってきたのですが以下のように数字が増えていきました。

2018年10月 => +71 2018年11月 => +198 2018年12月 => +699 2019年1月 => +442 2019年2月 => +138

自分で書いてて悲しくなりますが

努力した結果この数字なので「凡人」さが際立つかと思います。

才能溢れる人はもっと短期間で1万を超えたりしますからね。

自分は凡人なのを自覚しているので

凡人なりにどうすればフォロワー数が増えていくのかを地道に研究しながら実践してきました。

今日は実際に試した具体的な15の方法を紹介していきます。

(あくまでも2019年2月13日時点のTwitterの仕様で可能な手段となります。 仕様変更によっては無効になるかもしれませんのであしからず)

1. アカウントの方向性とターゲットを決める

まずはアカウントの方向性と具体的なターゲットを決めます。

誰にどういうメッセージを伝えてどうして欲しいのか

というテーマをざっくり決めます。

例えば自分は、

  • 「エンジニアとしてよりレベルアップしたい」
  • 「エンジニアとして海外で活躍したい」

という人に有益な情報を届けられるようにしよう

という方向性を決めました。

具体的なターゲットとしては

「エンジニアとして働き始めた/働こうとしている20代の独身男性」

をターゲットとして設定しました。

自分自身、ソフトウェアエンジニアとして働き始めてから もうすぐ4年が経ちます。

個人的にどうすれば

  • スキルアップできるのか
  • 海外で活躍できるようになるか

というテーマに関心があったので

自分と似たような人に自分がキャッチアップした最新の情報を発信するように心がけました。

これを自分に置き換えて

「誰にどういうメッセージを伝えていくアカウントにするのか」

というのを意識するとよいかもしれません。

2. プロフィール写真は顔出しにする

プロフィールは「顔出し」にすると効果的です。

自分の場合は写真ですが、「似顔絵」や「キャラクター」でも同様に効果的です。

ロゴや風景と比較した時に顔がみえると親しみやすくなります。

営業マンと同じでなんども自分の顔を相手に見せて

まずは覚えてもらうことが重要です。

風景をなんども見せるよりも

自分の顔を見せる方が印象に残りやすくなります。

相手の印象に残りやすくなるようにインパクトがなくてもいいので

自分の顔がわかるようにしましょう。

繰り返しになりますが、「似顔絵」でも効果的です。

3. プロフィールの説明文はコンパクトにする

Twitterのプロフィール欄はいろんな情報を詰め込める場所ですが

ここはあえて色々詰め込みすぎずにシンプルなメッセージのみ記載するようにします。

自分の場合はここには10文字前後のメッセージしか載せていませんでした。

ex) 世界一のプログラマ(自称), 外資系で働くプログラマ

ついつい、自分のことを知ってもらいたくなって色々情報を詰め込みがちになりますが

こちらもあえて自分を表すコンパクトなメッセージを載せるようにするといいです。

自分の場合は印象に残りやすくなるように「世界一のプログラマ(自称)」というワードを載せたりもしてました。

(自称)をつけないと嘘になるので←

この辺りは盛りすぎず、かつインパクトがある10文字前後の言葉にしましょう。

4. 位置情報を存分に活用する

プロフィール欄ですが、Twitterの位置情報欄には情報を詰め込みましょう←

位置情報欄には自分の居住地だけでなく、様々な情報を詰め込むことができます。

https://twitter.com/hikarine3/status/1092009803415724037

まだまだこちらに情報を詰め込んでいる人は少ないので

あえてこちらに情報を詰め込むことにより目立てます。

こちらには自分のアカウントの方向性などをがっつり書いても良いかと思います。

ちなみに140文字が上限で自分の場合はこちらの欄に40文字程度の文章を記載しています。

5. 140文字いっぱいにツイートする

えとみほさんがnoteでも紹介されてますが、 えとみほさんは

140文字ギリギリでツイートする

という方法で3ヶ月で3,000人のフォロワーを獲得したとのことです。

https://note.mu/etomiho/n/ne98757873a18

自分は毎回長文でツイートするのはしんどかったのであまりやってませんが、

長文ほどエンゲージメント率が高くなる

というのは実感しました。

なので伝えたいメッセージがあるときは出来るだけ

140文字ギリギリまで考えるようにしてました。

6. リプライではなく引用RTする

Twitter上で他のアカウントの方にアクションするときは リプライではなく引用RTするようにします。

リプライの場合は自分の考えやメッセージが自身のタイムラインに表示されません。

せっかくアウトプットするのであれば自身のタイムラインに残るようにした方がお得です。

また、引用RTしたほうが引用元のかたにリツイートされやすい印象があります。

その方がフォロワーの多い方であればそこからの流入も見込めます。

気になったツイートがあれば自分の考え方を添えて引用RTするようにしましょう。

7. 1日33ツイートする

インフルエンサーと呼ばれてる人のツイート数は、

約1,000ツイート/月

とのことです。

とにかくツイート数が多いのが特徴です。

自分は500/月くらいなので全然足りてませんが、

もっとフォロワーを伸ばしたければ

ガンガンツイートすべし、ということになります。

1日33ツイートすればだいたい1ヶ月で1,000ツイートになります。

この辺りは野球でいう素振りみたいなものなのだと思います。

たくさん素振りをしてより良いスイングができるようになるように、

ツイートもたくさんアウトプットすることで

より洗練されたツイートができるようになる(?)ということなのかなと

かくいう自分は最近ツイート数が激減しているのでフォロワー数の伸びも鈍化しています。

私のような凡人は気長にやりましょう。

8. 種まきする

アカウントを作成したばかりだとツイート数がほぼない状況かと思います。

また、新たな方向性を決めたはいいものの

いままでのツイートと若干テイストが異なる

ということがあると思います。

その場合はまず、20投稿ほど同じテーマのツイートを連投しましょう。

これは種まきです。

この種まきをした状態で次のアクションに移ります。

9. 積極的にいいねする

いいねはコスパがとてもいいです。

積極的に他のアカウントの方でいいなと思ったツイートをいいねしましょう。

やりすぎるとアカウントバンの可能性があるので15分あたりに10回程度にするとよいです。

先ほどの種まきをした状態でまだフォローされていないアカウントにいいねすることで

プロフィールや最新ツイートをみてもらいやすくなります。

自分のターゲットと似ているユーザーであればフォローしてもらえる可能性も高くなるので

おすすめです。

ここで問題となるのは

どうターゲットと似ているユーザーを探すか

ですが、そちらに関しては12と13で説明します。

10. 自分の共感する投稿はひたすらストック

「このツイートいいなぁ」と思ったものは積極的にストックしていきましょう。

そして、そのツイートを自分の言葉で表現して発信するようにします。

これを個人的に「けんすうさん方式」と呼んでいます。

こちらのけんすうさんのインタビュー記事に書かれてますが

https://r25.jp/article/587237419012402317

イケダハヤトさんやはあちゅうさんが炎上した内容を、パクって表現だけ変えて投稿するっていう実験をたまにやってるんですよ。

この方法です。

ようするにバズりやすい内容のツイートを自分の言葉で発信してみるのです。

けんすうさんの場合は

はあちゅうさんの以下のツイートを

https://twitter.com/ha_chu/status/825955207485874176

このように独自の表現で発信しています

https://twitter.com/kensuu/status/826237913302044672

これはやってみるとわかりますが、

なかなか高度なテクニックです

最初はうまくできないこともあると思いますが

訓練だと思って暇な時にでもやるようにしましょう。

11. アカウントを無料分析してもらう

自分のTwitterアカウントのフォロワーを伸ばすための分析を

無料で行ってくれるサービスがあります。(2019年2月13日時点)

https://twitter.com/minnawakaru

かなり的確なアドバイスをいただけるのでアカウントを1ヶ月程度運用してみたら

一度分析してもらって第三者の意見をもらってみましょう。

自分の課題がみえて次の一手を考えやすくなります。

おまけ: オートプロモートを試す

これは自分は試したことはないのですが

月額9,900円なので個人でもお手軽に始められるオートプロモートを活用するのもよいかもしれません。

https://business.twitter.com/ja/advertising/twitter-promote-mode.html

自分はお金をかけない主義なのでやってないのですが、

もしお金に余裕のある方がいらっしゃれば試してみるのもひとつ良いのかなと思います。

さて、ここからは自分が去年の12月からはじめたフォロワー数が伸びやすくなった具体的な方法を紹介します。

過去データをみてもわかりますが、

いろいろ試した中でもまぁまぁ効果的な方法と言えます。

2018年10月 => +71 2018年11月 => +198 2018年12月 => +699 <= ここからはじめた 2019年1月 => +442 2019年2月 => +138

(あくまでも2019年2月13日時点のTwitterの仕様で可能な手段となります。 仕様変更によっては無効になるかもしれませんのであしからず)

12. 同じ系統のインフルエンサーをみつける

まずは、自分の方向性と似たようなインフルエンサーを複数探します。

例えば自分の場合は海外で活躍しているエンジニアやフリーで活躍しているエンジニアで

フォロワー数が3,000人以上のアカウントを複数みつけてきました。

まずはその方をフォローしましょう。

そして、次のアクションです。

13. インフルエンサーのフォロワーにいいねでアプローチ

次のそのインフルエンサーのフォロワーの方にいいねをしていきます。

ここがポイントです。

そのインフルエンサーは自分と似たような方向性のアカウントの方なので

自分の存在をそのフォロワーの方に知ってもらうことができれば

フォローしてもらえる可能性が高くなります。

無差別にいいねをするのはよくありませんが、

そのフォロワーの方も自分と系統が似てる方の可能性が高いので

比較的共感できるツイートをされていたりします。

そういうツイートをみかけたら即いいねしましょう!

繰り返しになりますがやりすぎはアカウントバン対象にもなりうるので

15分あたり10回程度を目安に気長にやるようにしましょう。

14. 人気のハッシュタグをウォッチする

例えばエンジニアの場合だと、

以下のハッシュタグに

自分のターゲットである

「エンジニアとして働き始めた/働こうとしている20代の独身男性」

が多くいる可能性が高いです。

  • ウェブカツ

  • テックキャンプ

  • Progate

  • 駆け出しエンジニアと繋がりたい

  • ドットインストール

  • Dotinstall

  • Qiita

  • Railsチュートリアル

  • 100DaysOfCod

これらのハッシュタグでツイートしている人たちにもいいねでアプローチするようにしましょう。

15. リストを活用する

これは若干ハックな内容で自分も教えてもらった内容なのですが

いいね以外にも相手に通知がいくのが「リストへの追加」です。

例えばエンジニアであれば

「有益な情報を発信しているエンジニアアカウント」

であったり

「頑張ってる駆け出しエンジニア」

のようなリストを作成してそのリストに自分のターゲットになりそうなアカウントを追加しまくる。

という方法で自分を知ってもらうことができるようになります。

いいね!だけでなくリストの作成とリストへのアカウントの追加も同時平行で行うことで

アカウントのバンリスクを下げつつ、自身の認知を広げることができます。

まとめ

さて、ここまで凡人でもできる具体的な15の方法を紹介してきました。

12-15にかけては

「え、これだけ?」

と思われたかもしれませんが

自分の場合は12-15がかなり効果的でした。

これからTwitterの仕様が変わればうまく機能しないことも出てくるかもしれませんが、

フォロワー数を増やす参考になれば幸いです。

Tags