仮想通貨・ICO詐欺など詐欺コインを見分ける10のポイント!

詐欺コインを見分ける10つポイント

どうも、 詐欺に騙されないと思っている人ほど
詐欺に騙されると思っているヤバWEBです。

今日は

詐欺コインを見分ける10つのポイント

について書いていくよ〜!

仮想通貨・ICOの詐欺に気をつけろ!詐欺コインを見分ける10つのポイント

たまたま

詐欺コインを見分ける10のポイント

についての記事を見つけたから簡単にポイントだけリストアップしていくよ!
ちなみにその記事はこれ!

▶︎ Cryptocurrency scams: 10 ways to identify scam coins

ポイントの前になぜこれを書くか!についてやけど
今年、LOLっていうトークンの開発者が音信不通になって
価格が暴落するっていう事件があったんだよね!

こういうのは情報発信者もそうやけど

投資はあくまでも自己責任!

だから自分できっちり調べたうえで納得して投資すべき!
そこでちょうどさっきの記事をみつけたから簡単にポイントだけ引用させてもらうよ!

詐欺コインを見分ける10のポイント
  1. リターンが約束されていることを強調している場合はおそらく詐欺
  2. LinkedInやGitHubからメンバーの公開しているプロフィールがわかるか、ニックネームのみを使用していないか
  3. GitHubでアクセス可能にされたオープンソースなコードがあるか
  4. ホワイトペーパーがあるか、細かく書かれているか
  5. TelegramとSlackがあればチェックする、プロジェクトの印象はどうか
  6. 多くの取引所に上場していない場合 => 取引所の採用率が高くなれば詐欺の可能性は低くなるだけでなく流動性も高くなる
  7. [銘柄 scam] でGoogleで検索してみる
  8. Googleトレンドで検索する。どのくらいの期間プロジェクトが検索されているかや関連検索ワードをチェックしてみる
  9. Googleニュースでチェックする
  10. リンクをチェックする

これらは投資する前にチェックしておこうね!
で!
最後のリンクをチェックするのところは少し細くすると

If the link includes a querystring at the end of it that looks like “?referrer=123456” or “&landing=654321” this implies that the site promoting the ICO is getting paid for the referral

って書いてあって
簡単にいえば

リンクに “?referrer = 123456″や “&landing = 654321″のような文字列が含まれている場合
ICOを宣伝するサイトに紹介のために報酬が支払われていることを意味するんやな!

これがある時は、

客観的なレビューではない可能性が高い!

から気をつけようってこと!

ICOは紹介者にいくらか紹介料的なものが入るような仕組みのものがあったりして
それ目当てで紹介している人はいいことばっかり書いて登録者増やそうとするよね!

いい情報だけみて投資して、騙されたー!は自己責任だからね!

ちゃんと公式ページやその他の情報もしっかり調べようね!